人工の歯を埋め込む方法|良し悪しを判断して通う歯医者を絞り込もう|判断の基準

良し悪しを判断して通う歯医者を絞り込もう|判断の基準

このエントリーをはてなブックマークに追加

人工の歯を埋め込む方法

白い歯

最も安定した歯の再生方法

インプラントとは、人工的に歯を埋め込む方法の一つで、大阪市の歯科医院でもよく行われている方法です。他の方法に比べてメリットがいろいろありますが、手術になるため治療期間が長くなること、顎の骨の状態によっては行えない場合もあることがあります。部分入れ歯の取り付け方法は、隣の歯に金属の留め具を取り付けて固定する方法ですが、その隣の歯の表面を痛めて寿命が短くなったり、簡単に外れてしまう心配があります。インプラントなら、隣の歯に影響せずに顎の骨と一体化するため外れる心配がほぼなく、口の中の違和感もありません。大阪市の歯科医院では多くの人工の歯を再生する方法を実施していますが、それぞれの方法の特徴の説明を受けて把握して、納得して行うことが重要です。

総入れ歯タイプもある

年齢を重ねて歯をすべて失ってしまうと、総入れ歯にする人が多くなります。総入れ歯の代替方法としてのインプラントも存在します。総入れ歯は安定剤がはがれたり、入れ歯がズレて隙間に食べ物が詰まって痛くなったりすることがありますが、インプラントにするとほぼズレることがなくなるため、食事するときに痛くなる心配が少なくなります。大阪市の歯科では、取り外しができる総入れ歯タイプのインプラントを行っているところもあります。従来のように1日の終わりに洗浄剤につける手入れ方法ができて清潔に保つことができます。大阪市の多くの歯科では、歯の再生方法として、長くいい状態を保てる方法ということでインプラントを勧めているところが多くあります。