金属のかぶせ物との違い|良し悪しを判断して通う歯医者を絞り込もう|判断の基準

良し悪しを判断して通う歯医者を絞り込もう|判断の基準

このエントリーをはてなブックマークに追加

金属のかぶせ物との違い

聴診器

根管などを守るために

歯に大きな穴があいたり欠けたりした場合、通常は金属のかぶせ物が取り付けられます。なぜなら金属のかぶせ物は非常に硬いので、歯の代わりにしっかりと働くことができるからです。つまり、欠けたり割れたりすることなく、硬い食べ物でも噛むことができるのです。また、健康保険の適用内の治療となるため、治療費の負担が少なくて済むというメリットもあります。ところが硬いからこそ、金属のかぶせ物は、残った歯にダメージを与えることがあります。金属のかぶせ物との接合部が小さく欠けていったり、根管にヒビが入ったりする可能性があるのです。そのため残った歯が少なかったり、もろくなっていたりする人の場合は、金属ではなくセラミックのかぶせ物を選ぶことが大事です。セラミックなら、丈夫ですが金属ほど硬くないため、残った歯が守られやすいのです。

見た目の美しさと衛生状態

セラミックのかぶせ物は、見た目の美しさからも高い人気があります。金属と異なり本物の歯に似た美しい乳白色をしていますし、つやつやとした光沢もあるのです。しかも、他の材質を使わず全てセラミックで作られているかぶせ物の場合は、透明感もあります。本物の歯は、光にある程度透けるのですが、セラミックのかぶせ物も同様となっているのです。また、金属のかぶせ物は酸化するので、それにより不快な匂いが生じることがあります。ところがセラミックのかぶせ物の場合は、酸化の心配が少なく、口臭も生じにくくなっています。つまり、セラミックのかぶせ物を選択すると、見た目の美しさと口の中の衛生状態が保たれるということです。自由診療となるので治療費は多めにかかりますが、それにもかかわらず、高い需要があるのはそのためなのです。